こんにちは、韓国ドラマ大好きYocolomboです!

「韓国ドラマを見始めたらやめられなくなった」

「勉強しなきゃいけないのにもうやる気でない」

なんてこと、皆さんもありませんか??

私は「ドラマ見たい欲 vs 勉強しなくちゃ」の欲と理性の戦いで、欲に負け越してきました😩

今回は、そんな韓国ドラマの沼にはまっていた私が、沼から出て勉強をするモチベーションを手に入れた、

 「ドーパミンを利用して勉強も韓国ドラマ(趣味)も両立する方法」を紹介します! 

今回の内容は、モチベーション系のYouTubeを見漁っていた時に、たまたま見つけた「ドーパミン」についての動画を参考にしています。

「韓国ドラマ」の沼にハマっていない皆さんは、SNSや動画視聴、ゲームなどに当てはめて読んでください^^


ロー・ドーパミン活動 vs ハイ・ドーパミン活動


自分のためになると分かっていながら、勉強より韓国ドラマ(SNSやテレビゲームもしかり)を優先してしまうのはなぜでしょうか?

その大きな原因になっているのが「ドーパミン」です。

ドーパミンは、快楽を感じたときに脳から放出される成分で、「やりたい欲」「モチベーションの源」です。

その「やりたい欲」が勉強や読書に向けばよいのですが、なかなかそうもうまくいかず、ついつい「快楽レベルの高い」動画視聴やSNSに向けられがちです💡

脳が「やりたい」と思うか思わないかは、 その行動が「どれくらいドーパミンを放出するか」で決まります。 

脳が強くやりたいと思う「脳にとって刺激の強い活動」はハイ・ドーパミン活動(High Dopamine Activities)と呼ばれ、

反対に「脳にとって刺激の弱い活動」はロー・ドーパミン活動(Low Dopamine Activities)と呼ばれています。

用語

ハイドーパミン活動
… SNS、ゲーム、ネットサーフィン、動画視聴、ジャンクフードなど、すぐに脳が「嬉しい」「楽しい」と思う脳にとって刺激の強い活動。

ロードーパミン活動
… 勉強、仕事、読書、掃除など、脳が興奮しないドーパミンの放出量の少ない活動。

ハイ・ドーパミン活動を続けると、私たちの脳は多量のドーパミンにさらされることに慣れてきて、ドーパミン量の放出量の少ない活動に興味を持てなくなります。

つまり、SNSや韓国ドラマを見て大量のドーパミンにさらされた脳は、

 「脳が快楽を感じづらい」勉強を「やりたい」とは思えなくなってしまうのです。 

きっと私たちの脳の中では「勉強しなくちゃ」という天使の声と、「え、勉強する?ぜんぜん刺激足りないよ」という悪魔のドーパミンが、常に壮絶な戦いを繰り広げているのだと思います・・

そして、もちろん、いつも負けるのは「勉強しなきゃ」という天使の声です😧


ドーパミンをリセットする


ドーパミンにはローとハイの二つがあるということは分かりましたが、

じゃあ、どうすれば韓国ドラマを楽しみつつ、勉強のモチベーションも保つことができるのでしょうか?


ドーパミンデトックス

多量のドーパミンに晒された脳をリセットする方法の1つに、Dopamine Detox(ドーパミンデトックス)があります。

ドーパミンデトックスとは、ドーパミンを放出するような脳に刺激のある活動(インターネット、スマホ、音楽、ジャンクフードなど)を一切やめて、

 頭を「退屈だ」と思わせることで、勉強や読書のようなロードーパミン活動をたのしく感じさせるというやり方です。 

なんだか海外では「デジタルデトックス」や「ドーパミンデトックス」が流行っているそうですよ😳

ドーパミンデトックスの例

毎日レストランでおいしいものばかり食べていると家のご飯が味気なく感じられてしまう>➡ハイドーパミに脳が慣れてしまってロードーパミンに耐えられない状態。

でも、いざ無人島のような食料もままならないところに行くと、ただの白いご飯でさえおいしく感じられるようになる>➡何もない環境ではロードーパミンの食事がごちそうになる(ドーパミンデトックスされた状態)。

頭に退屈を感じさせれば、ドーパミンの放出量の少ない勉強や仕事さえ面白く取り組めるようになります。


ハイドーパミン活動を「ご褒美」にする

もう一つ、ドーパミンをうまく使って勉強に興味を向けるために、 ハイドーパミン活動を、ロードーパミン活動の「ご褒美」として利用する という手があります。

つまり、その日やるべきことをやり終えたら、

「頑張ったご褒美として」一日の終わりに、韓国ドラマを見たりSNSをする時間を作るというやり方です。

こうすれば、勉強もできて、勉強の後にはゆっくり韓国ドラマを楽しむことができます。

プラスして朝のゴールデンタイムをうまく利用すれば、勉強がガゼンはかどります!

 


勉強は午前中に、韓国ドラマは午後に見ると良い


ハイドーパミン活動をロードーパミン活動の「ご褒美」にするというやり方に加えて、 一日でいちばん集中できる朝の「ゴールデンタイム」をうまく活用することをおススメします。 

「ゴールデンタイム」というのは、

朝起きてから2~3時間の脳が最も活発に働く時間のことで、一日で最も集中力とやる気の出る時間と言われています。

7時に起きるとすると10時くらいまでがゴールデンタイムになります。

めちゃめちゃ夜型の人でなければ、 起床~3時間は脳が一番シャキッとしているので、少ないエネルギーで効率的に勉強することが出来ます。 

勉強したい時は午前中に勉強をやり終えて、午後思いっきりやりたいことを楽しむという流れができると、ストレスなく勉強も韓国ドラマも両立させることができると思います!

一日をメリハリをもって過ごしたいときは To Doリスト を作るのがおススメです。

朝起きてから寝るまでの「やりたいことリスト」を前日の夜に作っておけば、一日を無駄なく充実して過ごせるようになります。

やり終えたアイテムはマーカーで消していけば、「今日はこれができた」「これはできなかったから明日やろう」というように、

「何ができて何ができなかったか」が一目瞭然になるので、自分にごまかしがききません✋

「To Do リストが全部終わったら夜はご褒美として韓国ドラマを見よう~😊」というように、

「頑張る時間」と「自分を癒す時間」をうまく作ると、コツコツ継続的に勉強が続けられると思います!

 


まとめ


今回は「ドーパミン」と「ゴールデンタイム」という脳科学の法則を利用して「やるべきこととやりたいこと」を両立させる方法を紹介しました!

✔ 「ロー・ドーパミン活動→ハイ・ドーパミン活動」という流れを作る

✔ 朝の「ゴールデンタイム」を活用

この2つを意識すれば、飛ぶ鳥も落とすレベルで勉強に集中できるようになると思います!

韓国ドラマの沼にはまって抜け出せずにいた私も、今やドーパミンとゴールデンタイムのルールを知って、

勉強とドラマのどちらも楽しめる「メリハリある毎日」を送れるようになりました。

韓国ドラマやSNSなどの誘惑に負けてしまう!という時は、ぜひ今回紹介した「ドーパミン」と「ゴールデンタイム」の合わせ技を使ってみてください✨

以上、Yocolomboでした!

 

おすすめ: