こんにちは! 株式投資歴1年半のYocolomboです。

NTTが9月から11月にかけてドコモを完全子会社化するためにTOB(公開買付)を行いましたね。

公開買付が11/16に終わり、まだドコモ株を売却していない株主からは今後、強制的に株を回収するとのことです。

株式会社を完全子会社化するときにはこうゆうやり方でやるのかあと、勉強になったのと同時に、

保有していたドコモ株の株価がTOBで上がり、購入から2か月程で思わぬ利益がでたので、

今回は、 NTTドコモのTOB(公開買付)と、約30万円の利益が出た経緯についてまとめてみました!  


TOBで思わぬ収益


NTTは9月29日に、 子会社のドコモの完全子会社化のために公開買付を行うことを発表しました。 

(公開買付の実施は発表翌日の9月30日~11月16日まで)

9月30日(月)の朝、通勤途中の電車の中で日経オンラインを読んでいたら「NTT、ドコモ完全子会社化を発表」の見出しが目に入って、びっくりしてすぐに記事を確認しました。

というのも、ちょうどその2週間前にNTTドコモの株価を100株買い増ししていたんです、たまたま😳

もともと持っていた200株も9月に買い増した100株も¥288,900で購入しましたが、

それが公開買付開始後、株価が跳ね上がりTOB価格(¥3,9000)近くまで上がりました。

保有している株がTOB(公開買付)の対象になると、「株主応募」といって持ち株を売る手続きをするのだそうですが、

何やらNTTの代理人の三菱UFJモルガン・スタンレー証券に口座を開設する必要があるなどで手続きがとても面倒くさそうだったので、

ふつうにTOB価格に近い市場価格で売却することにしました。

結果、 100株当たり¥288,900で購入したドコモ株を¥388,286で売却することができました!  

\ 300株トータルでの譲渡益は+298,160円になりました /

ドコモ株を100株買い増しした理由は良く覚えていませんが、たぶん5Gの普及で必ず通信系の会社は伸びる! と思い立ってのことだったか、配当が良かったからかのどちらかだと思います・・

いずれにしても、思いつきで100株買い増していなかったら約10万円分少ない利益結果になっていたので、かなりラッキーでした。


今年1年の運用収益まとめ


ここでついでに今年一年でどれくらい運用収益が出たのか、sbiサイトの「譲渡益税明細」で確認してみました。

(SBIを使っている人はログイン後、「口座管理」▶「取引履歴」▶「譲渡益税明細」で確認できます)

2020年の結果がこちら!


 株式の売買による利益が¥532,950、配当による利益が¥61,200となりました👏 

2019年6月から運用を始めて、昨年は購入のみで売却をしなかったので今年が初の収穫年となりました。

ちなみに現在の株式資産評価額は¥4,790,610 です。

去年からコツコツ運用してきた株が約60万円の利益をもたらしてくれたと思うとなんだか嬉しいですね。60万円というと会社の月収の約2倍なので、私にとってはかなり大きいです・・😳

最近は日経平均の高騰で保有している銘柄の株価もだいぶ上がってきましたが、現在の評価損益合計は -¥127,960(-2.55%)です。

コロナでガクンと下がった銘柄も多いので、保有しておいて徐々に上がっていくことを期待してます・・。


さいごに


NTTドコモからは今日(11/25)中間配当金のお知らせが届きました。

1株当たり62円50銭で、300株トータルで¥18,750の配当金を最後にもらうことができました👏

配当金が良かったので中長期で持っていたかった気持ちはありますが、持ち株がTOBになり思わぬ利益になったので良かったです。良い勉強にもなりました。

これからも株投資についてちょこちょこブログにしていきいたいと思います。

以上、Yocolomboでした!

おすすめ: