朝は本来、心身ともにリフレッシュした一日で最もエネルギッシュな時間です。

そんな朝が、「嫌い」や「苦手」に感じる人は、

 朝の過ごし方や習慣に何か改善すべきポイントがあるかもしれません。 

今回は、「充実した朝を過ごしたい」「バタバタ・ギリギリの朝をやめたい」という人に向けて、

「今すぐやめた方が良い5つの習慣」を紹介します。

紹介する習慣の中に思い当たることがあれば、明日の朝から「しない」ことを意識してみてください🌼


ギリギリで慌てて起きる

朝ギリギリで起きて、急いで支度をして朝食もそこそこに家を出るという日を繰り返していると、毎朝がストレスになります。

毎朝、時間に追われていることで「朝=きらいな時間」だと脳にインプットされてしまい、

 ただでさえ起きたくないのに、さらに朝起きるのが嫌になってしまいます。 

「朝は余裕を持って起きよう」とはよく聞きますが、私がおススメしたいのはすばり

 「朝は十分すぎるくらい余裕を持って起きる」ことです。 

朝起きたくない・起きられない原因は、「心理的な要因」である場合がほとんどだと思います。

どれだけ肉体的に疲れている朝でも、デートの日や、旅行の日などは、きっとパッと起きられるはずです🙄

「朝起きたくない」という気持ちがあるのは、今の仕事や私生活でストレスを感じているからかもしれません。

なので!

ストレスフリーな朝から脱出して「朝たのしい!」と思えるようになるために、

 朝は「始業までの準備の時間」ではなく、「自分のため使う時間」に切り替えてみることをおススメします。 

朝起きてから始業までの自由な時間を、自分がやりたいこや挑戦したいことにする時間に充てると、

朝起きるモチベーションが生まれて、ストレスフルどころか、一日で一番貴重な時間になるはずです。

私は毎朝6:30AMに起きて、始業の9:30AMまで、大好きな読書をしたり、ゆっくり新聞を読んだり、ブログを書いたりして、自分のためだけに使う貴重な時間を楽しんでいます。

朝起きる目的は、この時間を楽しむためです。

「朝が苦手だ」という人ほど、”早すぎるくらい” 早起きをして、自分ためだけの時間を作ってみてください。

「朝ってこんなに楽しいんだ!」と、毎日朝が来るのがきっと楽しみになると思います。


二度寝する


 目覚ましが鳴ったら、その時間が起きる時間です。 

スヌーズボタンを押し続けて、二度寝、三度寝していると、どんどん予定時間より起きるのが遅くなってしまって

しまいには予定時刻に起きれなかったことで「もういいや😩」と投げやりな気持ちが生まれて、

しまいには「こんな朝つらいなら仕事辞めようかな?🙄」なんていう究極の選択肢まで頭をよぎってしまったりします(笑)

ストレスなく毎朝を迎えるためには、

 アラームは「起きる時間ピッタリ」にセットするようにしてみてください 

すぐには起きられないからといって15分前にセットしておくと、

無意識のうちに「アラームが鳴る時間に起きなくても良い」という考えがセットされてしまって、

アラームが鳴っても「あと15分寝れるな」と二度寝して、またアラームが鳴ってまた止めて・・・と、結局時間通りに起きることができなくなります。

アラームが鳴る時刻に「眠すぎて起きれない!」と思うようであれば、

睡眠時間が足りていない可能性があります💡

寝る時間を早めて、起きたい時間に起きれるように十分な睡眠時間を取るようにしてみてください✨


テレビをつける

朝起きたらすぐにテレビをつけて、化粧をしながら、朝食を食べながらテレビを見ている(聞いている)という人はきっと多いと思います!

私も小学生の時からの習慣で、朝起きたらすぐにテレビをつけて、家を出るまですっとテレビを付けているというのが常でした。

朝はニュースも見た方が良いし、静かなのも寂しいし、テレビは付けておきたいという気持ちはとてもよく分かります。

ただ、テレビが付いていると・・・

✔ 支度に必要以上に時間がかかる

✔ テレビについつい見入ってしまい予定の時間に家を出れない

✔ 常に情報が入ってきて静かに考える時間が作れない

といった弊害が生まれます。

朝は一日のうちで 最もクリエイティブな発想が生まれやすい時間 とも言われています。

朝は、頭の中の考えや気持ちにも向き合って、現状の整理をするのに適した時間です。

そんな「考え事をするのに適した」貴重な朝の時間に、テレビから切れ間なく情報が流れてくることで、

ゆっくり自分と向き合ったり、考え事をする余裕がなくなってしまいます。

テレビを付けない生活をしたことがない人は、まずは1週間、朝テレビを付けないでみてください。

きっと「朝の時間の使い方」と「気持ちの変化」に気が付くと思います


ダラダラSNSを見る

朝の気分は、その日中ずっと残ります。

朝SNSで誰かの「キラキラした」「充実した」投稿を浴びるように見つづけると、

「これから楽しくもない仕事をする自分」と「楽しそうな誰か」とのギャップにテンションが下がって、

ネガティブな気持ちで一日をスタートすることになりがちです😩

SNSは一回開いてしまうと、気が付けば30分も1時間もスクロールといいね!をし続けていた!なんてことになりがちです。

さらに、朝にSNSを見て脳に強い刺激を与えることで、

その後の仕事や勉強など、「SNSに比べて刺激の少ない」行動がすべて無味乾燥に感じてしまいます。

SNSや動画視聴をした後で、仕事や勉強へのモチベーションを上げるのは至難の業です・・!🤔

早起きのコツでも紹介しましたが、SNSは朝見るとするなら発信者として利用するようにしてみてください。

その場合でも長時間使わないことがおススメです。


朝食を抜かす

朝食は食べない方が健康に良いと言う意見もありますが、

前日の夜にご飯を食べてから数時間~10時間以上何も食べていない状態では、活力が出ません。

朝に勉強や仕事をしたくても、血液中の栄養が足りず脳が十分に働かないと思います。

特に血圧の低い女性や、筋トレなどで運動量が普段から多い人は、

 朝食を取ることを強くおススメします💡 

朝、体がだるくて頭もボーっとするという時も、

何か栄養のあるものを食べるとすぐに体が元気になって、シャキッとします。

朝起きてすぐに食べれないという人は、水分補給をしながらお腹が空くまで待ってみてください。

30分~1時間もすれば食欲が少しずつ出てきて、朝ごはんを食べる準備が整うと思います。

完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット


さいごに

今回は、今すぐやめたほうが良い「ストレスな朝を作る朝の習慣」を5つ紹介しました!

皆さんの中でも「無意識にやっていた」という習慣も多かったのではないでしょうか?

ついついSNSをやってしまっていた朝時間を運動の時間に変えたり、テレビを見ていた時間を勉強や読書の時間に充ててみると、

驚くほど朝が充実して、きっと毎朝起きるのが楽しみになると思います✨

以上、Yocolomboでした!

おすすめ: